2023年2月22日 (水)

ZZR1100C型の整備 リアスイングアームのグリスアップ

最近入庫したZZR1100C型を点検しています。

D型では省略されてしまったサスペンションのリンクに

C型はニップルが付いているのでグリスアップは簡単に行えます

が、やはりガタの点検と古いグリスを洗浄し100%新しいグリスにしたい物です

手間はかかりますが完全に分解して洗浄し組み立てます

サスの動きも当然良くなったと思います

 

2023年1月16日 (月)

ブレーキキャリパーのOH

リアキャリパーのOHを行いました。

ピストンはよくちゃんと戻っていたなというレベルの錆がありましたので

交換となりました。

Dsc_4062

キャリパーも錆が酷ければ交換となりますが錆を落として再利用は可能と判断しました。

普通はそのままかもしれませんがせっかく分解しているので

錆を落として防錆塗料で塗装して綺麗にしました。

時間はかかりますが組んだ後の見栄えが激しく違います。

Dsc_0169

シールキットを交換して組むだけなので簡単な作業ですがコツがいります。

ダストブーツはCリングが有るタイプでした。

順序は色々ありますがピストンは入れずに先にダストブーツを装着してCリングを綺麗にはめ込みます。

その時マイナスドライバーのような鋭利なものでやるとブーツを切ってしまうので使わないほうが良いでしょう

あとからピストンを入れてちょっとコツが要りますが

うまいことダストシールをかぶせれば完了です。

2022年12月31日 (土)

昨日2022年の営業を終えました

今年も残すところ数時間となりました。
本年も格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。 来年も皆様にご満足頂けるサービスを心がけてまいります。
より一層のご支援を賜りますようどうぞお願い申し上げます。
なお新年は5日より営業の予定となっております。

2022年12月18日 (日)

ホイールベアリングのグリス交換 ビモータMB2

オートバイを整備していると結構な確率で

ホイールベアリングがおざなりになっていると感じます。

走っている間はずっと高速回転している訳ですから大事な部分です。

ベアリングは種類が色々あり奥が深くボールやテーパーやオープンタイプやシールや接触や非接触

また材質など適材適所で使い分けられています。

このホイールはビモータのMB2のものですがグリスはちゃんと入っていましたので

ちゃんと整備はされていたようです。

古いグリスを洗浄して今回は化学合成のベアリンググリスをアップしました。

 

 

2022年11月 3日 (木)

マーニ MAGNI MB2 のメンテナンス 

マーニMB2のメンテナンスを行っています

GUZZIやAGUSTAのエンジンではなくドイツ製BMWのエンジンを積んだ

とても珍しいマーニです

イタリア製のエンジンを積んでいないので色々と語られた異色モデルです

R100あたりに比べると車重も軽く走らせると楽しいオートバイです

私はあえてBMWのエンジンが載ったMB2はなかなかに好きなマーニです


発電系、点火タイミング、タペット、キャブなどを点検して

同調をとります

調子はもともと悪くなかったのですが

押さえておけば安心です

アイドリングも吹け上りも良い感じです

シャーシ周りも点検していきます

仕上がって試乗するのがとても楽しみです

2022年10月17日 (月)

ウラルサイドカー2WDの整備

ウラルサイドカーの整備を行いました

ウラルのサイドカーは何かと故障が多いと思われている方は多いようですが

言われているほどでもないように思います

確かに旧タイプのオルタネーターは消耗部品並で手榴弾などと呼ばれています

実際レギュレターの耐久性が低いです

でもDENSO製のオルタネーターだとほとんどトラブルはなくなります

駆動系もガタが出やすいですが定期的に分解してグリスアップしてやれば

うんと長持ちすると思います

私はウラルのドライブシャフトにはグリスアップが容易にできるよう

ニップルを増設しています

これだけで駆動系のトラブルも劇的に減らせます

日本車のようにはいきませんが少し手をかけてやれば普通に乗れると思います

基本古い設計のままなので電子部品もほぼありませんから自分で整備をして楽しみながら維持できるサイドカーです

 

エンジン、ミッションオイルを交換してドライブシャフトも分解

一通りの点検整備を行いさらに点検整備を続けます








 

 

2022年10月10日 (月)

ショベル FLH1200 オビナタ ワンウェイクラッチ

今となってはというか昔から滅多にお目にかかる事のない

オビナタFLHのワンウェイクラッチを交換しました

止まっている位置によっては若干すべりが有ったので

回らなくなる前に予防整備で交換となりました

ワンウェイクラッチ交換は比較的簡単に出来ますが

セルモーターは取り外して交換したほうが良いでしょう

それにしてもオビナタスペシャルは止まっているだけでも

なかなか素敵な佇まいですね

2022年9月25日 (日)

マルゾッキのフォークOH モトグッチ ギャップ調整は正確に!

車検でお預かりしたグッチの整備をしています

ブレーキのマスターやらキャリパー

フォークのOHなどもご依頼頂き作業を進めています

お預かりしたグッチはマルゾッキの43φの倒立フォークが付いたモデルです

オイルを抜いてバラバラにします

抜いたオイルはほんの少し汚れておりましたが量は左右ともに良い感じで内部の状態も良好でした

綺麗に洗浄してシールを交換して慎重に組み立てます

フォークオイルは#10で430くらい入ります

何度も伸縮させしっかりエアを抜いてギャップを調整します

普通はその場で組み立てても良いのでしょうが自分はちょっとここには神経質なので(^_^;)

翌日まで寝かせてから1mm以下の精度で調整し組み立てます

フォークのOH時に左右でギャップが違っていたり多すぎたりも実は結構見受けられます

ご自分でやられる方は正確にセットすることをお勧めします

ただ2~3mmの誤差では普通には体感できないと思います

2022年7月22日 (金)

腐食していたキャンピングカーのサブフレーム完成 

キャンピングカーのサブフレームが完成しました

新品のフレームは気持ちいいですね!

Dsc_3183

手間は食いますがさらに錆びにくくするため丁寧に防錆処理を行いました

フロアー全体の剛性も少しアップするように考えて組みました

当たり前ですが走行時の軋む音が改善されたようです

いつでもお受けしている訳ではありませんが状況によっては

お受けすることは可能です

2022年7月 5日 (火)

キャンピングカー サブフレーム シャーシの錆 腐食 防錆

キャンピングカーのメンテナンスですが錆落としと防錆は特に得意分野なので

腕の振るいどころです。

車齢が20年程度のキャンピングカーですがかなりサブフレームや本車のシャーシも錆びて腐食が進んでいます。

本社のシャーシは錆を落としてしっかりと防錆をしてやればまだまだ走ることが出来る状態です。

でもサブフレームの腐食はかなり進んでおり穴が開いたり強度的に問題が出ています。

車体の前側1/3は強度も問題なく防錆をしてあげれば問題ないでしょう。

後ろ側2/3のサブフレームはすべて組みなおして新品フレームで対応することとします。

また20年間走ることを目指してレストアしていきます。

キャンピングカーの使い方は人それぞれですが長旅を本気でするような方ですと

買ったままではなかなかに不便で相当改良して乗っている方もおられます。

ですので慣れ親しんだキャンピングカーを乗り続けたい思いで大規模修繕となります。

軽自動車でも走行20万キロなんてざらですから日本車のエルフやキャンターやあるいはカムロードでも

大事に使ってやれば50万キロでも100万キロでいけると思います。

Thumbnail_img_20220509_133210_resized_20

 

«キャブマウンティングブッシュの交換 キャンピングカー